大型で非常に強い台風18号は3日正午現在、日本の南の海上を時速約20キロで北西に進んでいる。沖縄気象台によると大東島地方は同日昼すぎ、強風域に入った。本島地方と宮古島地方は、急な気圧の傾きによって3日昼ごろから強風注意報が発令され、15メートル以上の強風となる恐れがある。

台風18号の進路予想図(気象庁ホームページから)

 大東島地方は、夜には暴風警報が発令され、4日未明には暴風域に入る見込み。本島は4日朝、強風域に入る。本島と大東島地方が強風域を抜けるのは5日午後になる見込み。

 沖縄気象台によると、大東島地方では風が強く吹き、沿岸の海域ではうねりを伴ってしけているため、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 3日、予想される最大風速は、大東島地方で23メートル、本島地方で15メートル、宮古島地方で16メートル。波の高さは大東島地方で7メートル、本島地方と先島諸島で4メートル。

 台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風域となっている。(沖縄タイムス+プラス編集部)