大型で非常に強い台風18号は3日午後9時現在、南大東島の南東約350キロにあって、時速20キロで北西に向かっている。沖縄気象台によると、大東島地方は3日強風域に入った。4日明け方には暴風域に入り、同日夕方に最接近する見込み。南大東村で男性1人が負傷し、北大東村と合わせて計13人が自主避難した。

台風18号 3日21時現在

 大東島地方は5日未明から明け方に暴風域を、5日夜に強風域を抜ける。沖縄本島地方と宮古島地方では強風が5日まで続く見込み。台風が西寄りに進んだ場合、本島地方が暴風域に入る可能性がある。

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。南大東では3日午後10時18分、最大瞬間風速26・1メートルを記録した。船は県内と本土航路で35便が欠航した。