【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が2日、飛行訓練中に操縦席の後部に取り付ける重さ約2・5キロのチタン合金製パネルを落下させた。防衛省の武田博史報道官が3日の会見で明らかにした。原因や落下地点は不明で、被害情報は確認されていない。同基地所属機の訓練中の部品落下事故はことしで5件目、普天間飛行場所属機の部品落下と合わせると計10件目。

部品を落下させたF15の同型機

今年の主な米軍機の部品落下・紛失

部品を落下させたF15の同型機 今年の主な米軍機の部品落下・紛失

 落下したパネルの大きさは約55センチ、約32センチの長方形。空中給油中にパイロットが気付いたという。沖縄防衛局によると、F15は主に同基地から北東方向の海上で訓練していた。

 米軍は2日午後8時45分、防衛局に通報。防衛局は同9時すぎに県や嘉手納町、沖縄市、北谷町、うるま市に情報を提供した。また、米軍に原因究明や再発防止の徹底などを求め、「遺憾の意」を口頭で伝えた。

 同基地の所属機が訓練中に部品を落下させた事故は3月にF15の風防ガラス、4月にHH60救難ヘリの通風孔カバー、5月にF15のエンジン部品、HH60のアンテナカバーに次いで5件目と相次いでいる。