高校野球の第64回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で九州大会出場の2枠を懸けて準決勝2試合を行う。

■第1試合 糸満VS首里

 第1試合は、3年ぶり3度目の決勝進出を狙う糸満と、20年ぶりに4強入りした首里の対戦。両チームとも全4試合2桁安打で、守っても4戦で糸満が1失点、首里が3失点と攻守にバランスが取れている。準々決勝で7回無安打、無四死球の「完全試合」を演じた首里の左腕・中真慶大に、足を絡めた多彩な機動力が持ち味の糸満がどう挑むかが注目される。

■第2試合 美里工VS中部商

 第2試合は、2連覇を目指す美里工業と7年ぶり9度目の準決勝に進んだ中部商業が対戦する。4強随一の4試合31得点の美里工に対し、半分以下の13得点ながら右腕・前田敬太を中心に堅い守りで勝ち上がってきた中部商。互いの特長を発揮し、少ない好機を得点に結びつけられるかがポイントになる。

きょうの試合

▽準決勝〈セルスタ那覇、10時〉

糸 満-首 里

美里工-中部商