大型で非常に強い台風18号は4日午前3時現在、南大東島の東南東約250キロにあって、時速20キロで北西に進んでいる。南大東島地方気象台は大東島地方に暴風・波浪警報を発表、最も接近する4日夕をピークに同日夜遅く以後も暴風と高波に警戒するよう呼び掛けている。南大東村では4日午前4時6分、最大瞬間風速28・1メートルを記録した。

10月4日午前5時半撮影の台風18号の気象衛生写真(気象庁ホームページから)

台風18号の進路予想図(気象庁ホームページから)

10月4日午前5時半撮影の台風18号の気象衛生写真(気象庁ホームページから) 台風18号の進路予想図(気象庁ホームページから)

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。南大東村では3日までに男性1人が負傷し、北大東村と合わせて計13人が自主避難した。船は県内と本土航路で35便が欠航している。(沖縄タイムス+プラス編集部)