大型で非常に強い台風18号は勢力を保ったまま、4日午前6時現在、南大東島の東南東約210キロの海上を時速約15キロで北北西に進んでいる。大東島地方に暴風・波浪警報、沖縄本島地方と奄美地方に波浪警報と強風注意報が出ている。4日夕には大東島地方にかなり接近する見込みで、気象庁は5日にかけて沖縄・奄美、西日本の太平洋側を中心に暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

4日午前6時現在の台風18号の経路図(気象庁ホームページから)

 台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。南大東村では4日午前4時6分、最大瞬間風速28・1メートルを記録した。

 台風は5日朝には奄美地方に近づいて進路を北東へ変え、6日にかけて西日本や東日本に接近する恐れがある。4日は大東島地方で猛烈な風となり、沖縄本島や奄美地方では非常に強い風が吹く見込み。5日は九州、四国地方でも非常に強い風が吹く予報となっている。

 大東島地方では猛烈なしけとなっており、4日は大東島地方と奄美地方で、5日には九州南部でも猛烈なしけとなる。沖縄本島地方や西日本太平洋側、東海地方でも5日にかけて大しけとなる見込み。

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は大東島地方が45メートル(65メートル)、奄美地方が28メートル(40メートル)、沖縄本島地方と九州南部、四国地方が23~25メートル(35メートル)、九州北部地方が20メートル(30メートル)となっている。

 台風の接近に伴い、4日は大東島地方で非常に激しい雨が降る。5日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で200ミリの見込み。

 台風の北上に伴い、本州付近に停滞する前線の活動が活発となるため、5日から6日は台風と前線の影響で、西日本から東日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降り、雨量が多くなる見込み。

 6日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、西日本が300~400ミリ、東日本で200から300ミリの見込み。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要。(沖縄タイムス+プラス編集部)