高校野球の第64回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で九州大会の出場2枠を懸けて準決勝を行い、第1試合は糸満が5―3で首里を下し、3年ぶり3度目の決勝進出を決めた。

糸満―首里 1回表糸満無死二塁、岡田樹が先制打を放つ=沖縄セルラースタジアム那覇

 糸満は一回、長短打とスクイズで3点を挙げた。三回には犠飛と敵失で2点を追加し、首里の追い上げを振り切った。