高校野球の第64回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、第2試合は中部商業が7―2で美里工業を下し、九州大会の切符を手にした。

中部商―美里工 3回表中部商2死二塁、前田敬太が左中間へ適時二塁打を放つ=沖縄セルラースタジアム那覇

 中部商は一、三、六回に1点ずつ加え、七回には4本の長短打で3点を追加した。投げては先発の前田敬太が美里工打線を七回の2点に抑え、7年ぶり6度目の決勝進出を決めた。

 第1試合は、糸満が5―3で首里を下し、3年ぶり3度目の決勝進出を決めた。