大型で非常に強い台風18号は4日午後3時現在、大東島地方を暴風域に巻き込みながら、南大東島の東北東約120キロを時速10キロで北北西へ進んでいる。北大東空港で午後2時35分ごろ最大瞬間風速45・3メートルを観測した。台風は4日夕から夜のはじめごろに大東島地方へ最も接近する見込みで、気象庁は暴風や高波への厳重な警戒を呼び掛けている。

4日午後3時現在の台風18号の気象衛星画像(気象庁ホームページから)

4日午後3時現在の台風18号の経路図(気象庁ホームページから)

4日午後3時現在の台風18号の気象衛星画像(気象庁ホームページから) 4日午後3時現在の台風18号の経路図(気象庁ホームページから)

 台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。中心の北側600キロ以内と南側500キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。

 台風は勢力を維持しながら、12時間後の5日午前3時には奄美大島の東南東に、同日午後3時には種子島の南南東に達する見込み。(沖縄タイムス+プラス編集部)