20年ぶりの決勝進出を目指した首里だったが、糸満が誇る機動力野球を封じることができなかった。福原修監督は「相手によく研究されていた」と脱帽した。 大黒柱の左腕・中真慶大が、いきなり糸満打線に揺さぶられた。初回だけで3盗塁を許し、3失点する苦しい立ち上がり。