前年覇者の美里工は中盤までの好機を生かせず、準決勝で涙をのんだ。神谷嘉宗監督は「得点チャンスで1点でも取れていたら、流れは変わっていたかも」と悔しさをにじませた。 三回から五回まで三塁に走者を進めながら、打線がつながらず無得点。好調な打撃を買われ、5番に入った知花樹も四回1死二塁で遊ゴロに倒れた。