【南・北大東】大型で非常に強い台風18号は4日、南・北大東島に風速40メートル超の暴風と横殴りの雨をもたらした。両村では60代から80代の男女15人が自主避難した。

 南大東村では、高齢者生活福祉センターに4人、南集会所に4人が自主避難。暴風に不安を隠せない表情で、テレビを見るなどして過ごしている。

 同センターに3日から滞在する、独り暮らしの宮里太郎さん(84)は「家が木造で小さく、台風で飛ばされないかと不安だった。この施設は大きいから安心」と話しつつ、長引く避難所生活に疲れ気味だった。

 北大東村では、村保健福祉センターなどに男女7人が避難。同村では、車庫2棟の屋根のトタンが飛んだほか、村道の街灯1基が倒れる被害があった。