糸満が序盤に挙げた5点を守り、2点差で首里の追い上げを振り切って、2季連続7度目の九州大会の切符をものにした。「試合を有利に進めるために何としても先制点が欲しかった」と上原忠監督。初回から持ち味の機動力を発揮する。