糸満は中部商の継投の前に4安打2得点に抑えられ、3年ぶりの栄冠を逃した。打線を引っ張ってきた池間誉人主将は「力不足。勝負に対する気持ちが足りなかった」と肩を落とした。 準決勝までの5試合平均10安打以上の強力打線が、中部商先発の伊波和輝に、四回まで無安打。