控えを含めた全員野球を貫いた中部商が糸満を3-2で破り、頂点に立った。 決勝のマウンドに上がったのは2回戦以来の先発となる背番号10の伊波和輝。事前に言い渡された右腕は「やっと投げられる」と気迫の投球。初回、糸満の上位陣を3人で仕留め、リズムをつくった。