リーグ5位を目標とし、これ以上負けられない7位の琉球が、終了間際の得点で引き分けに持ち込んだ。ロスタイムのラストプレーで値千金の同点弾を放ったMF青木翔大は「全員で最後まで諦めず、ゴールに向かった結果」とボールをつないだ仲間に感謝した。 約1カ月ぶりのアウェー戦は、断続的に降り続く雨の中での試合。