優勝を決めた直後、歓喜に沸く中部商ベンチの輪の中に宮城隼人監督の姿はなかった。 2012年度から中部商を率い、野球部監督としては春・夏を通じて初めての栄冠。「込み上げてくるものがあった。(トイレで)うれし泣きしていた」と目を潤ませた。 試合後のインタビューでは前日の美里工戦に続いて、「生徒のおかげ。