強い台風19号は6日午後9時現在、フィリピンの東海上にあり、時速35キロで西北西へ進んでいる。沖縄気象台によると、今後も発達しながら進み、沖縄地方は8日から沿岸海域の波が高まり、9日以降、風の影響を受ける可能性がある。

台風19号 6日18時現在

 中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。