【東京】安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設により「万一、航空機に不測の事態が生じた場合、海上へ回避することで地上の安全性が確保される。辺野古への移設は負担軽減に十分資する」と述べ、移設により有事の際の安全性が確保され、負担軽減につながるとの認識を示した。