医師不足のため県立北部病院が産婦人科の救急受け入れを制限している影響で、北部地域から県立中部病院への妊婦の救急搬送が2009年度から13年度までの5年間で合計365件あることが6日、県病院事業局のまとめで分かった。