11月に那覇市で開催される日米野球親善試合を盛り上げようと、沖縄都市モノレール(ゆいレール)は6日、大会ロゴマークなどを塗装した「日米野球ラッピング車両」を運行した。試合当日の11月20日まで、1日平均8往復する。

関係者に見送られ、那覇空港駅を出発する「日米野球ラッピングゆいレール」=6日午前

 車両の外壁は大会カラーの赤と紺を基調に、ロゴや野球ボールをあしらった。車内でも乗客に楽しんでもらおうと、主力選手の紹介や過去の日米野球のエピソード、野球の豆知識を記したポスターが並んだ。

 出発式で那覇市の久高将光副市長は「大リーガーと侍ジャパンの試合は子どもたちに夢と希望、感動を与える。沖縄の魅力を発信し、観光誘客につながる」と歓迎。モノレールの仲吉良次社長は「国際的な催しが那覇市で開催され、スポーツアイランドの大きな成果だ。日米野球の機運が高まり、国際親善への一助になる」と話した。

 ゆいレールのラッピング車両は6台目。