【久米島】久米島町立大岳幼稚園(徳村直美園長)の園児14人が9月24日、町奥武島で大型動物と触れ合い、親しむ「乗馬体験」を行った。園児らは町比屋定で馬牧場を営む井上福太郎さんの指導で、馬への感謝の気持ち、進めの「ハイ」や止まれの「ドウ」、なで方などを教わり、早速海中散歩を楽しんだ。

海での乗馬体験を楽しむ大岳幼稚園の子どもたち=9月24日、久米島町奥武島

 与那国産の「シンノスケ」、九州産の「ベッカム」の2頭が優しく子どもたちを乗せていた。乗馬は初めての吉本一景君は「ちょっと怖かったけど、乗ってみて楽しかった。馬の毛はとても柔らかかった」と目を輝かせた。

 名幸克代教諭は「子どもたちは2、3回馬に乗ると恐怖心がとれた。降りたとき馬の体をさすり『ありがとう』と声を掛けていた」と喜んだ。(比嘉正明通信員)