車の運転中は気が短くなるとか、人格が変わると表現される人がいるほど交通事情は複雑だ。渋滞やマナー違反などイライラの種が転がっている

 ▼その最たるものは道路工事かもしれない。年末に集中したり、中断していつまでも終わらなかったり。しまいには年がら年中、同じ所を掘り起こしているように見えてくる

 ▼そんなドライバー心理を和らげてくれるのが、うちなーぐちで書かれた工事看板だ(9月28日付くらし面)。工事中であることを知らせる「わじゃ そーびぃん」を初めて見たときには頬が緩んだ

 ▼さらに見渡すと、減速を促す「よーんなーぐゎー あっかしみそうりよう」などがあり、バラエティーに富んでいる。ほかにも注意を喚起する「気ぃーちぃきみそーりよー」があるそうだ

 ▼やまとぐちだと情報を伝達するだけの味気ない看板になるが、柔らかく丁寧なうちなーぐちだと、心を広く持ち従おうという気になる。がぜん、注目度も高くなるだろう

 ▼くらし面では「わじゃ そー(い)びぃん」と、誰かが「い」を油性ペンで書き加えたことを紹介していた。那覇市内には、さらに「と」が足され「わじゃ(と) そー(い)びぃん」がある。通行人が工事業者に、ちょっとしたブラックユーモアを交えた頓知でお返しをしたようで、何度見ても笑え、心が和む。(与那嶺一枝)