国内で発生した米軍施設からの脱走兵のうち、2011年以降も県内で新たに4件が発生、1件が行方不明のままであることが明らかになった。日米間での通報体制は合意されているものの、今回は照屋寛徳氏の照会で公表された形。