猛烈な台風19号は8日午後9時現在、フィリピンの東の海上を時速10キロで西北西に進んでいる。今後も勢力を保ちながら進み、大東島地方が10日午後、沖縄本島地方が同日深夜か11日未明にも風速15メートル以上の強風域に入る見込み。11日に大東島地方は25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。

 沖縄気象台によると、中心気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートル。中心から半径200キロ以内は暴風域。北側500キロ、南側330キロ以内が強風域となっている。波の高さは9日に大東島地方が6メートルの大しけ。10日は同地方8メートル、本島地方7メートル、宮古島地方6メートルが予想されている。

 台風は猛烈な強さが当面続くものの、大東島地方に接近する11日午後9時には中心気圧940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル(最大瞬間風速60メートル)になる見通し。