【南・北大東】猛烈な台風19号が11日に最接近する恐れのある南・北大東村では9日、自主避難者の数が増える可能性があるとして、避難所開設の協力を区長に求めたほか、受け入れに向け準備した。

 北大東村は台風警戒の対策本部を設置。消防団員が自主避難所の予定先で、受け入れの準備をした。村の消防団会議では台風19号の中心気圧が低く、前回の台風から日を置かずに襲来することから、木造住宅での被害を懸念している。

 南大東村は、6区の公民館全てで自主避難者を受け入れできないかを区長と協議。高齢者生活福祉センターを含む4カ所の開所が決まった。10日は公共施設の暴風対策をするほか、お年寄りらに日中での避難を呼び掛ける方針。