大型で非常に強い台風19号は10日午前6時現在、沖縄の南の海上を時速約10キロで北北西に進んでいる。今後も非常に強い勢力で北上し、11日から12日にかけて沖縄地方から奄美地方に接近する見込み。

台風19号の進路図(10日午前6時現在、気象庁のホームページから)

台風19号の衛星画像(10日午前6時30分現在、気象庁のホームページから)

台風19号の進路図(10日午前6時現在、気象庁のホームページから) 台風19号の衛星画像(10日午前6時30分現在、気象庁のホームページから)

 沖縄気象台によると、すでに風速15メートル以上の強風が吹いている大東島地方は11日朝から昼前に風速25メートル以上の暴風域に入り、12日まで続く見込み。最接近は11日夜。

 沖縄本島も台風との気圧差で9日から強風が吹いていて、11日午後には一時、暴風が吹く恐れがある。

 また、11日は沖縄地方や奄美地方では猛烈なしけとなる見込みで、九州南部でも大しけとなる恐れがある。大潮の時期と台風の接近が重なるため、沖縄地方や九州南部・奄美地方では高潮が発生するおそれがあるとして、気象庁は高潮による浸水や冠水に注意を呼び掛けている。

 中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。(沖縄タイムス+プラス編集部)