大型で非常に強い台風19号に伴い、気象庁は10日午後7時17分、沖縄本島に暴風警報、本島と久米島に波浪警報を発表した。

台風19号の影響で防波堤を越える高波=10日午後6時、与那原町板良敷

 本島地方には、高潮・雷注意報も出ており、沖縄気象台は、落雷や突風、急な強い雨に注意を呼び掛けている。

 台風は午後6時現在、沖縄の南を時速15キロで北に進んでいる。

 中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北側650キロ以内と南側560キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。(沖縄タイムス+プラス編集部)