沖縄弁護士会会長や県憲法普及協議会会長を務めた弁護士の金城睦(きんじょう・ちかし)さんが9日午後8時半ごろ、那覇市内の自宅で亡くなった。77歳。那覇市首里汀良町出身。告別式は13日午後2時から3時、浦添市伊奈武瀬1の7の1、いなんせ会館で。喪主は妻の久美子(くみこ)さん。

金城睦さん

 首里高校卒業、東大大学院社会科学研究科修了。1965年に弁護士登録し、自衛隊法の合憲性が争われた恵庭事件や、米軍統治下での人権侵害が問われた沖縄違憲訴訟を手掛けた。69年に帰沖し教公二法事件や立法院事件を担当、復帰協弁護団に参加するなど復帰運動をけん引。復帰後は、自衛隊那覇基地内施設の建築図面公開の適否が争われた那覇市情報公開訴訟で市側の弁護団長、米軍用地の強制使用手続きをめぐる代理署名訴訟では県側弁護団の中心的な役割を果たした。

 政界進出への期待も高く、革新勢力から推され71年参院選に出馬。86年の県知事選には、「革新共闘を崩壊させてはならない」と弁護士会長を辞して出馬したが、現職の西銘順治氏に敗れた。反戦平和の立場から、基地問題や市民運動にも参加。72年設立の県憲法普及協議会では初代事務局長、後に会長、沖縄人権協会副理事長、一坪反戦地主会共同代表も務めるなど、沖縄の革新勢力を実践と理論の両面から支えた。