知事選出馬をめぐり、民主党本部から離党勧告されていた沖縄県連の喜納昌吉氏は10日、代表職を辞して出馬を強行する意向を示した。いったんは、普天間飛行場の政策で翁長雄志氏側の譲歩を勝ち取るのを条件に出馬取りやめの方向に傾いたが、翁長氏側が拒否したため振り上げたこぶしの下ろしどころを見失った格好だ。