【北谷】重い心臓病で米国での移植を目指す桑江中学校1年の松島良生(らい)君(12)の手術・渡航費に充ててほしいと、沖縄ツーリスト(東良和会長)は10日、「らい君を救う会」事務局に100万円を寄付した。

當山みゆき共同代表(右端)に寄付金の目録を渡す沖縄ツーリストの平良健社長(左から3人目)と神谷明希さん(同2人目)=10日、北谷町浜川

 當山みゆき共同代表に目録を手渡した平良健社長は「ユイマールの気持ちを、私たちもつないでいく。元気になって沖縄に再び帰ってくるのを待っている」と激励した。

 當山共同代表は「各社から温かい協力を頂き、本当にうれしい。おかげさまで目標額達成のめどが立ってきたので、一日でも早く手術をしたい」とお礼を述べた。

 同日、沖銀グループ6社が150万円、第一総業(西平典明代表)が56万9千円をそれぞれ事務局に寄付した。