気象庁によると、大型で非常に強い台風19号は11日午前7時現在、沖縄本島地方を暴風域に巻き込みながら、那覇市の南南東約250キロを時速約15キロで北に進んでいる。南城市糸数で午前7時30分に最大瞬間風速43.9メートルを観測した。本島地方に暴風・波浪・高潮警報、宮古島・大東島・鹿児島県奄美地方に暴風・波浪警報が出ている。

 台風のピークは11日夜遅くで、陸上では最大風速が45メートルになると予測されている。

 沖縄電力ホームページによると午前7時現在、那覇市や糸満、うるま市などで計1万4400戸が停電している。

 台風の中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで

中心から半径260キロ以内では風速25メートル以上の暴風。中心の北西側700キロ以内と南東側560キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。(沖縄タイムス+プラス編集部)