気象庁は11日午後1時15分、沖縄本島に大雨・洪水警報を発表した。台風19号の接近に伴い、本島地方では同日夜、1時間に80ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、沖縄気象台は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。台風は、午後1時半現在、大東島地方に最接近している。

台風19号の進路予想図(気象庁のホームページから)

 台風は、11日午後1時現在、沖縄本島地方と大東島地方を暴風域に巻き込み強い勢力を維持しながら、那覇市の南南東約160キロを時速約10キロで北に進んでいる。沖縄本島地方では、12日未明から明け方にかけて台風が最接近するため、長時間にわたり、猛烈な風が吹く恐れがある。沖縄気象台は、不要不急の外出は控えるよう注意を呼び掛けている。

 暴風は本島中南部と久米島で12日夜まで、本島北部で13日明け方まで続く見込みで、本島は11、12の丸2日間暴風域に入ることになる。大東島地方は11日夜の始めごろには暴風域を抜ける。

 本島地方と先島諸島の海岸では、大潮と台風の接近が重なり、潮位が高くなっている。最高潮位は、11日夜に本島で3メートル、久米島で1・7メートル、先島諸島で1・6メートルが予想されている。

 11日午後1時までの最大瞬間風速は、南城市糸数で49・7メートル、うるま市宮城で48・3メートル、那覇市樋川で37・9メートルを記録。総雨量は国頭村比地で150ミリ、東村平良で124・5ミリ。

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。(沖縄タイムス+プラス編集部)