台風19号の接近で、那覇市は11日午後4時35分、古波蔵の732世帯、120事業所の計1830人に避難勧告を出した。午後3時50分には若狭の2287世帯、490事業所の計5718人、午後1時には首里久場川町の3世帯7人に勧告した。

 避難所に指定していた那覇市民会館は満員に。首里、小禄南、若狭、石嶺の各公民館のほか、新たに市保健所と市役所本庁舎を避難所として確保した。

 避難勧告は計4市町の7087世帯・事業所になった。

 那覇市以外の避難勧告は次の通り。

 名護市(午前8時)沿岸部の2459世帯、4673人▽浦添市(午前11時)急傾斜地崩壊危険箇所の926戸▽与那原町(午後1時)板良敷沿岸部の約70世帯