大型で非常に強い台風19号の影響で、沖縄本島地方は11日夜、満潮が重なり、潮位がかなり高くなる恐れがある。満潮は午後8時12分ごろで、潮位の予想は3・5メートル。夜には、1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れもある。沖縄気象台は、12日にかけて、高潮による低い土地の浸水や冠水に「最大級の警戒」を呼び掛けている。

暴風で壊れ、あおられる看板=11日午後、読谷村伊良皆

台風19号の進路予想図(気象庁ホームページから)

暴風で壊れ、あおられる看板=11日午後、読谷村伊良皆 台風19号の進路予想図(気象庁ホームページから)

 国土交通省のホームページによると、11日午後6時現在、那覇市古島と石嶺に設置されている安謝川の水位計は氾濫危険水位を超えている。沖縄気象台は、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 11日午後4時までの総雨量は国頭村比地で228・5ミリ、東村平良で185・5ミリ、那覇市樋川で142・5ミリを記録した。

 11日午後6時現在、那覇市の南東約100キロを時速15キロで沖縄本島地方を暴風域に巻き込みながら北に進んでいる。11日夜遅くから12日明け方にかけて、台風の目が本島を通過する見込み。

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北側700キロ以内と南側600キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。(沖縄タイムス+プラス編集部)