「県都の顔」を決める那覇市長選が本格的に動きだした。

 翁長雄志前市長の後継として副市長の城間幹子氏(63)が出馬表明したのに続き、自民党県連が前副知事の与世田兼稔氏(64)の擁立を決めた。2人の一騎打ちとなる見通しだ。

 長く教職に就き、市教育長などを務めた城間氏は「翁長市政のバトンタッチ」を訴える。自民党県連を除名された市議会保守系の新風会のほか共産、社民、社大が支援する「相乗り」候補である。

 弁護士で、仲井真弘多知事の下で副知事を務めた与世田氏は「保守中道という市政理念を断固として守る」と政治姿勢を主張する。自民県連が支援するほか、公明党との協力を模索している。

 今回の市長選は知事選の流れを受けて、保守革新で争われてきた長年の対立パターンが変わる。今後の市政運営や、沖縄の政治の枠組みに大きな影響を与える節目の選挙となるだろう。

 市長選は11月9日告示、16日投開票で県知事選とのダブル選挙だ。

 翁長市政継承を強調する城間氏と、仲井真氏の右腕だった与世田氏。知事選へ出馬を表明している両氏とのセット戦術で、それぞれが相乗効果を狙う。低迷する投票率アップにつながればいいのだが、知事選への関心の影で、那覇市の問題が埋没しないか懸念もある。

 市長選では子育て支援や中心市街地活性化など足元の課題について、具体的施策を示し本格論戦を展開してほしい。

    ■    ■

 那覇市には認可保育所に入れない待機児童が4月1日時点で439人いる。待機児童率が全国一高い沖縄にあって、その2割を占めている。認可外保育所の数を考えると潜在的待機児童はさらに多い。保護者のニーズに整備が追い付かず、定員を増やしても待機児童の数が減らない。

 子どもを産み育てやすい環境は女性の社会進出を後押しし、地域を活性化する。学童保育の充実も合わせて、思い切った施策で待機児童ゼロへの道筋を示すべきだ。

 国際通りのランドマークだった沖縄三越の閉店に伴い跡地開発など街づくりが動きだす中、中心市街地活性化も待ったなしの課題である。

 周辺の商店街も含め、どのように発展させていくのか、処方箋を示してほしい。市民の願いは、県民も観光客も楽しめるバランスある街づくりである。

    ■    ■

 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を争点とする知事選と同時期に繰り広げられる選挙は、一地方の首長選を超えた意味合いを持っている。

 辺野古移設は直接的には名護市の問題だが、新基地建設は沖縄の将来を左右する極めて重要な問題である。

 翁長前市長は県内41市町村長が署名し安倍晋三首相に提出した、普天間の県内移設断念を求める「建白書」に中心的に関わってきた。

 その市長の後継を決める選挙だ。次の県都のリーダーとして建白書へのスタンスも明らかにすべきである。