陸上の第32回全九州高校新人大会第2日は11日、宮崎県総合運動場陸上競技場で行われた。男子の八種競技でシャープ宣(那覇西)が5262点を挙げて頂点に立った。

 前三盛喬貴(八重山)は4519点の9位で入賞はならなかった。

 女子走り幅跳びの平良さき(中部商)は5メートル72をマークし、準優勝だった。同100メートルは岩永梨沙(同)が、県勢で唯一決勝に進み、12秒06で4位に入った。

 男子砲丸投げの宮里盛斗(那覇西)は13メートル06で8位だった。

 女子円盤投げで安田望由(石川)は29メートル66を投げ、11位だった。

 最終日は12日、同競技場で400メートルリレーの男女の決勝などを行う。