沖縄防衛局は10日、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、キャンプ・シュワブ沿岸の海底ボーリング調査で新たに3カ所での掘削調査を実施する業務の一般競争入札の公告を始めた。 ボーリング調査3本と鉛直の磁気探査約30メートル。12月9日に開札し、履行期限を来年3月31日としている。