大型で非常に強い台風19号が11日、沖縄本島を直撃した。朝から強風が吹き荒れ、たたきつける猛烈な雨は視界を遮るほど車道に吹き上がった。西原町の沿岸では満潮時刻と重なり、隣接する駐車場や道に海水が流れ込み、冠水した。一日中吹き荒れた強風で街路樹は押し倒され、消防職員は対応に追われた。12日も引き続き警戒が必要だ。(写真部・伊藤桃子、松田興平)

台風19号の接近が満潮時刻と重なり、冠水する駐車場=11日午前8時55分、西原マリンパーク東ゲート

倒れて電線に引っかかった街路樹を撤去する消防職員=午後4時13分、那覇市泉崎

強風で鉄柱が折れ、倒れた店舗の看板=午後0時15分、浦添市牧港

強風にあおられる民家の門扉=午前9時36分、中城村津覇

道路が冠水し、水しぶきを上げながら通行する車両=午後3時20分ごろ、那覇市上間

台風19号の接近が満潮時刻と重なり、冠水する駐車場=11日午前8時55分、西原マリンパーク東ゲート 倒れて電線に引っかかった街路樹を撤去する消防職員=午後4時13分、那覇市泉崎 強風で鉄柱が折れ、倒れた店舗の看板=午後0時15分、浦添市牧港 強風にあおられる民家の門扉=午前9時36分、中城村津覇 道路が冠水し、水しぶきを上げながら通行する車両=午後3時20分ごろ、那覇市上間