大型で強い台風19号は12日午前、鹿児島・奄美大島の西の海上を時速約20キロで北北西に進んでいる。沖縄や奄美地方は一部が暴風域に入っており、気象庁は暴風や高波、土砂災害に厳重に警戒するよう呼び掛けた。13日には強い勢力を保ったまま九州南部に接近し、その後、西日本や東日本に上陸する恐れがある。

沖縄本島中部の読谷高校では正門横の大木が倒れていた=10月12日

台風19号の経路図(10月12日午前9時現在、気象庁ホームページから)

沖縄本島中部の読谷高校では正門横の大木が倒れていた=10月12日 台風19号の経路図(10月12日午前9時現在、気象庁ホームページから)

 沖縄本島の北部、国頭村奥で12日午前0時36分に瞬間最大風速45.3メートルを観測した。

 気象庁によると、沖縄本島では12日夜にかけ、奄美では13日未明まで猛烈な風が吹く見込みで、海上でも猛烈なしけが続くとしている。沖縄本島地方には依然として暴風・波浪・高潮警報が出されている。

 台風はの中心気圧は960ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルで、中心から半径220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。(タイムス+プラス編集部)