沖縄気象台によると、台風19号は12日午前9時現在、那覇市の北約190キロにあり、時速約20キロで北北西に進んでいる。勢力は衰えつつあり、沖縄本島中南部は同日昼すぎに風速25メートル以上の暴風域から抜け、午後3時前後に暴風警報が解除される見通し。本島北部が抜けるのは夕方ごろになり、解除は夜のはじめになる見通し。

 沖縄都市モノレールは12日正午から運行再開した。本島の路線バスは12日も終日運休する。

 那覇市は午前10時半、古波蔵3、4丁目、若狭1~3丁目に出していた避難勧告を解除した。与那原町は午前10時、板良敷沿岸部(約70世帯)の避難勧告を解除した。

 沖縄電力によると、午前9時現在、県内30市町村で4万7200戸で停電している。