台風19号の影響で運航を見合わせていた航空各社は、12日午後3時ごろから運航を再開する見通しになっている。

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は6便、琉球エアコミューター(RAC)は1便の臨時便運航を決定。全日空も臨時便2便を運航する。

 12日は少なくとも621便が欠航し、1万8千人以上に影響が出た。