【長崎国体取材班】「君の夢 はばたけ今 ながさきから」をスローガンに、第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」が12日、長崎県諫早市の県立総合運動公園陸上競技場で総合開会式を行い、11日間の熱戦の幕が開けた。長崎開催は1969年以来、45年ぶり2度目。

開会式で全国のトップを切って入場する県選手団=12日午後、長崎県立総合運動公園陸上競技場(金城健太撮影)

 男女総合30位台を目指す県選手団は、全国のトップを切って入場。旗手で重量挙げ成年男子の知念光亮(沖縄国際大)を先頭に、8競技の選手ら約60人が行進した。