県農林水産部は14日、台風19号の農林水産物の被害総額(速報第1報)が、約8億6500万円に上ったと発表した。沖縄本島や宮古島などでサトウキビの被害が目立った。久米島町内の車エビ養殖施設では、生けすの破損や高潮によるエビの流出があり、被害額は3億4千万円と見込まれる。林業や水産業の被害額は現在調査中。