【東京】プロボクシングの日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦が13日、東京・後楽園ホールであった。本部町出身で同級6位の江藤伸悟(白井・具志堅スポーツ)が、チャンピオンの内藤律樹(E&Jカシアス)に挑んだが、0-3の判定で負け、王座奪取はならなかった。江藤の成績は18戦14勝(9KO)3敗1分けとなった。内藤は2度目の防衛に成功した。