【北谷】重い心臓病で米国での手術を目指す桑江中1年の松島良生(らい)君(12)を支援しようと、「らい君を救う会」事務局には14日も、寄付が相次いだ。

 中部ガス事業は、手術費や渡航費に使ってほしいと100万円を寄付。津波真也課長は「できる限り手助けしたい。早く元気になってほしい」と話した。

 同日、沖縄銀行労働組合が100万円、具志川高校が28万107円、県商工会青年部連合会中部支部が26万5372円、日進商会が10万円、越谷市商工会青年部が2万3千円を、それぞれ寄付した。