仁川アジア大会のトリオ戦を制した男子日本Aのメンバー、安里秀策(北中城中-福岡第一高-朝日大)が、実力を見せつけ、自らが昨年大会で記録した大会記録を更新し、2連覇を飾った。序盤のリードを維持しての頂点に「とても満足」と声を弾ませた。 予選前半の3ゲームで752を記録して首位に立った。