前副知事で弁護士の与世田兼稔氏(64)は14日、那覇市内で会見し11月16日投開票の那覇市長選への出馬を表明した。市政の課題を財政改善とし、生活保護費を含む扶助費(福祉施策費)増大を抑えるための実態調査や一括交付金による雇用創出などを訴えた。

那覇市長選への出馬を表明する与世田兼稔氏=14日、那覇市泉崎・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 与世田氏は生活保護受給者が1万人を超える現状に「放置しておけば市財政が破綻しかねない問題。前市長の取り組みを検証し、改善したい」と述べた。

 同日選挙の知事選で重要争点となる普天間飛行場の名護市辺野古移設は「危険性除去を求める宜野湾市民の考えも共感する、(名護市の)反対も理解できる」と賛否は示さなかった。

 経済政策では2020年の東京五輪を見据え、多言語に対応する人材育成による国際観光都市の実現を主張。知事選に出馬する現職の仲井真弘多氏と歩調を合わせ嘉手納基地より南の米軍基地返還後の跡地利用や鉄軌道整備などに取り組む姿勢も強調した。会見には仲井真氏も同席した。

 与世田氏は1950年、石垣市出身。明治大法学部卒、立教大大学院修了。2004年沖縄弁護士会長、11年から13年まで副知事を務めた。