江藤は初回から積極的に足を使ったが、内藤の左ストレートを警戒してか、手数が出なかった。「手を出さないといけなかったが、単発の攻めになった。狙い過ぎた面もある。自分の弱さ、甘さが出た」と振り返った。 チャンピオンのワンツーからの左ストレートが江藤を的確に捉えた。