テニス少年女子はリュー理沙マリー、下地奈奈(ともに沖尚高)が接戦の3試合を勝ち抜いて決勝に駒を進めた。朝9時に3回戦が始まり準決勝を終えたのが午後9時前。下地のボレーで最後のポイントを取ると、2人はほっとした笑顔を浮かべて抱き合った。 2人でシングルス2試合、ダブルス1試合を行う団体戦。